国際アジアで同性婚ラッシュ “社会悪”から激変…初の合法化国に注目+(1/3ページ)(2012.8.15 15:34

  • [PR]

国際

  • メッセ
  • 印刷

アジアで同性婚ラッシュ “社会悪”から激変…初の合法化国に注目

2012.8.15 15:34 (1/3ページ)

 アジア各国で同性婚を行うカップルが増えている。11日には台湾で、7月29日にはベトナムで、それぞれ女性同士のカップルが結婚式を挙げた。アジアで同性婚を合法化した国はなく、文化的にリベラルといわれる台湾でも2003年、同性婚の合法化に向けた動きが政府レベルで活発化したが、審議は止まったままだ。とはいえ合法化を求める動きは急速に盛り上がっており、初の合法化に踏み切る国に注目が集まりそうだ。

台湾仏像の前で宣言

 AP通信やCNN、フランス通信(AFP)などによると、台湾で同性結婚式を挙げたのはホワン・メイ・ユーさん(30)とユー・ヤ・ティンさん(30)。7年の交際を経て、台湾初の同性による仏式結婚式を執り行った。2人は純白のウエディングドレスに身を包み、仏像の前で「(結婚することを)誓います」と宣言。約300人の出席者が見守るなか、指輪の代わりに数珠を交換した。

関連情報

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital