国際【朝鮮半島ウオッチ】平壌住民データは「最高値3億円で売りに出ていた!」+(1/3ページ)(2011.11.19 11:00

  • [PR]

国際

  • メッセ
  • 印刷

【朝鮮半島ウオッチ】
平壌住民データは「最高値3億円で売りに出ていた!」

2011.11.19 11:00 (1/3ページ)朝鮮半島ウオッチ/外交ウオッチ

 日本人拉致被害者、横田めぐみさんと生年月日が一致する女性が掲載されていた北朝鮮から流出した平壌住民名簿(電子データ、210万8032)は、昨夏から韓国ソウル市内の情報関係者の間に、「3億円で買い取らないか」などと持ちかけられていたことが判明した。印字された「元日本人名簿」もあり、複数のルートで買い手を探す複数の仲介者がいた。真がんについての解析が急がれるが、日本政府は北朝鮮からのこうした情報流出の背景にも注目している。(久保田るり子)

マイクロソフト社の表ソフト「アクセス」を使っていた名簿

 週刊朝鮮が入手した210万人の平壌住民のデータは、マイクロソフトの図表ソフト「アクセス」に入力されており、検索が可能。昨夏から「買わないか」と持ちかけられた日韓関係者は数人いた。

 韓国人情報では「昨夏は3億円(日本円換算)だった」。また、今年年初には「1億円でどうだ」と持ちかけられた日本人もいた。オリジナル・データのほかに検索済みの一部データに「500万円」から「数10万円」まで値がついていた。

 闇市場に詳しい事情通によると、話を持ちかけてきたルートは複数あり、組織が背景にある可能性も指摘されている。「元日本人名簿」は少なくとも2種類(85人、68人)があり、これは印字されていたという。しかし横田めぐみさんはこの2種のいずれにも入っていなかった。85人名簿は正確には86人で1人が重複しており、曽我ひとみさんが入っていた。残る84人は日本人妻と思われる人たちだった。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital