WIRED凶暴化する都市気象…竜巻がアトランタを襲ったワケ+(1/4ページ)(2012.5.9 14:47

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

凶暴化する都市気象…竜巻がアトランタを襲ったワケ

2012.5.9 14:47 (1/4ページ)天気・気象

 2008年3月、ジョージア州アトランタは史上初の竜巻に見舞われ、2億5,000万ドル相当の被害を受けた。2011年5月にも米国各地で激しい竜巻被害が発生し、原発の外部電源喪失も生じた。こうした異常気象は今後も続く可能性がある。

 2008年3月、ジョージア州アトランタの街は予想外の竜巻に見舞われ、2億5,000万ドル相当の被害を受けた。しかし、これは一度きりの自然の気まぐれではないかもしれない。近年の土地利用方法と気候変動の問題が絡み合って、人為的な要因による異常気象の危険性が指摘されているのだ。

 気象学の専門家たちが、衛星からの最新データを使い、この竜巻を生んだ暴風雨をモデリングしたところ、近年の干ばつと、アトランタ郊外に広がるスプロール化[都市部郊外に無秩序に宅地化が進むこと]した地域の不安定な微気候[局地的な気候]が、暴風雨の強大化を招いた可能性が高いことがわかった。

 「当時の気象条件が、そもそもの暴風雨を呼び込んだ大きな原因だが、土地の局地的な特性が、さらにその牙を鋭くした。その結果、あの異常気象が発生した」と、パーデュー大学の気象学者デヴ・ニヨギ(Dev Niyogi)は推測する。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital