WIRED「イヌの思考」を脳スキャンで調査+(1/2ページ)(2012.5.7 17:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

「イヌの思考」を脳スキャンで調査

2012.5.7 17:00 (1/2ページ)

 イヌの脳をfMRI(機能的磁気共鳴画像)装置でスキャンし、イヌが「何を考えているか」を研究する試みが進んでいる。

 イヌの脳をスキャンすることで、「人間の最良の友」の心の中で何が起こっているかがわかるかもしれない。

 『Public Library of Science One』に掲載される予定の研究論文では、イヌの脳において、報酬を期待するときに活性化すると予測される領域が、実際にその通りだったことが実証され、fMRI(機能的磁気共鳴画像)装置によるイヌの研究が論理的に実行可能であることが示されたと述べている。

 論文の主著者であるエモリー大学の神経科学者であるグレッグ・バーンズは、普段は人間の意思決定における脳の様子(日本語版記事)を研究している(日本語版記事)。バーンズ氏によると、認識研究の動物モデルには、こうした研究で一般的に用いられるサルよりも、イヌのほうが優れている可能性があるという。サルにとっては、人間がたくさんいる実験室は異常な環境だが、イヌにとっては人間と一緒に過ごすことは自然な環境だからだ。

 もちろん、fMRI装置の中でじっとしているのは、イヌにとっても普通のことではない。「キャリー」という名前の2歳のファイストと、「マッケンジー」という名前の3歳のボーダーコリーを訓練して、雑音を低減する耳当てを付けて装置内で動かないようにするのに、バーンズ氏の研究チームは8カ月を要した。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital