WIRED電気ポットに「iPhoneドック」…その意図は?2012.5.2 11:18

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

電気ポットに「iPhoneドック」…その意図は?

2012.5.2 11:18

 浄水器と電気ポットが一体になった装置『Wells Smart Mini』には、iPhoneやiPodをセットできるドックが付いている。

 デザイン・コンセプトとは、通常はアイディアにすぎない。従って、普通はスマートフォンとは一緒にならない家電にiPhoneドックがセットされても驚きではない。

 サン・ケウン・シム(Sang Keun Sim)とKyowon L&C Design Labは、浄水器と電気ポットが一体になった装置をデザインした。確かにそれは合理的だ。しかし、この装置『Wells Smart Mini』はそこにはとどまらない。この装置には、iPhoneやiPodをセットできるドックが付いているのだ。水を温めるのには音楽が必要だ、と彼らは考えたらしい。

 電気製品と水蒸気は一緒にしてはならないという点については、ここではとりあえず置いておこう。そのかわりに、すべての家電がiPhoneドックを必要としている点について焦点をあてよう。オーヴンの上にドックがあれば、クッキーを焼く時間にぴったりのプレイリストが生まれるだろう。冷蔵庫にドックがあれば、牛乳が足りなくなってきたときに警告してくれるようになるかもしれない。そして皿洗い機にドックがあれば…いや、水を多用する家電にこれ以上iPhoneを近づけないほうがよさそうだ。

 ほとんどのコンセプトと同様、デザイン画以上の段階に進んだWells Smart Miniを実際に目にすることはないだろう。しかしもし製品化されたとしたら、お茶をいれる時のためのプレイリストが流行になることだろう。

TEXT BY ROBERTO BALDWIN
TRANSLATION BY ガリレオ

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital