WIRED『Google Drive』アップしたファイルはGoogleのものに?+(1/2ページ)(2012.4.27 14:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

『Google Drive』アップしたファイルはGoogleのものに?

2012.4.27 14:00 (1/2ページ)

 Google社が開始した新しいストレージ・サーヴィス『Google Drive』。利用規約には、ユーザーはGoogle社に、アップロードしたコンテンツを使用する権利を付与すると書かれている。

 Google社は新しいストレージ・サーヴィス『Google Drive』を開始した。しかし、その利用規約と、同社が最近実施したプライヴァシー・ポリシー変更(日本語版記事)が、同社がユーザーのファイルの所有権を主張しているのかどうかという点に関して苛立ちの声が高まっている。

 『The Verge』は、4つの主なクラウド・ストレージ・サーヴィスの利用規約を比較した記事を掲載した。4つとは、『Dropbox』、『iCloud』、『Microsoft SkyDrive』、そしてGoogle Driveだ。

 それによると、どのサーヴィスもユーザーがアップロードしたファイルの所有権が自社にあると主張しているわけではないという。ただし、いくつかのメディアはGoogle利用規約にある文章に注意を呼びかけている。その文章には、ユーザーはGoogle社のサーヴィスにアップロードしたコンテンツを使用する権利をGoogle社に付与すると書かれているのだ。正確にいえば、コンテンツを「使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえばGoogleが行う翻訳、変換、またはユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布」する権利を、ユーザーはGoogle社に付与することになる[文章はGoogle利用規約の日本語版より]。

 だたし、The Vergeが指摘しているように、他のサーヴィスも似たような包括的な条項を設けている(場合によってはGoogle社よりさらに包括的だ)。これらのサーヴィスは、つまるところユーザーのコンテンツを、そのサーヴィスに寄与する形でのみ使用することを意図している。

 もっとも、電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation、EFF)のレベッカ・ジェスキーは、Google利用規約における次の文章に注意を喚起する。「このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます」。このプロモーションとはどういう意味だろう?

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital