WIREDスローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ2012.4.24 13:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

スローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ

2012.4.24 13:00

 デンマークのTV番組『Dumt Og Farligt』(「愚かで危険」という意味)から、さまざまな物を派手に破壊して1秒2,500フレームで撮影した動画をハイライトで紹介。

 デンマークのTV番組『Dumt Og Farligt』(「愚かで危険」という意味)は、物を派手に破壊して1秒2,500フレームで撮影することが好きだ。

 ヤン・エルヒョフとスタントマンのラッセ・スパング・オルセンは、何でも好きなことをやっていいという家を与えられている。鉄の玉で金魚鉢を破壊したり、居間で花火をしたりなどだ。これらのシーンはスローモーションでとらえられ、破壊を最大限に楽しむことができる。

 デンマーク語のわかる人にはサイトもある。

TEXT BY DAVE GIANCASPRO
TRANSLATION BY ガリレオ

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital