WIRED日本でゲーセン文化が育ったワケ 映画「100円」+(2/4ページ)(2012.4.20 16:49

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

日本でゲーセン文化が育ったワケ 映画「100円」

2012.4.20 16:49 (2/4ページ)

 ブラッド・クローフォード監督は、北米のアーケード・カルチャーの中で育った世代だが、2005年から3年間にわたって日本に滞在し、日本のゲームセンター文化が大好きになった。そしてこのほど、自身の体験にヒントを得て、インディー制作のドキュメンタリー映画『100 Yen: The Japanese Arcade Experience』(100円:日本のゲームセンター体験)を作った(現在はポストプロダクション中)。西洋ではほとんど知られていない、日本の高度に現代的なゲームセンター体験をとらえようとした作品だ[予告編を文末に掲載]。

 日本に来た当初、ゲームセンターでは少し気後れを感じていたとクローフォード監督は話す。「日本にはすごくうまい人たちがいるので、技能が特別に優れた人でないと気後れする感じがある。特に日本語がうまくないときは怖い感じがする。ぼくも最初そうだったのだけれども」

 クローフォード監督は、最初はプレイをせず、周りで繰り広げられるハイレベルな対決をただ見ていたと話す。やがて、言葉と文化の壁を打ち破るためにも、コミュニティーの一員になるにも、とにかく座って親善試合を行うのがいちばんであることがわかった。

 「最初の気詰まりな雰囲気を解くのは難しいのだが、ただ座ってプレイできるゲームがある。同じ趣味を持っている人たちとは、何かしらのつながりを見つけることができ、だんだんといい体験をして、友達が作れるようになっていく」

 「彼らのほうも、言葉を通してコミュニケーションができないことを心配している。だからゲームを言葉にできればいいんだ」とクローフォード監督は言う。「ゲームは、コミュニケーションの素晴らしいツールになると思う。うまいプレイを見せれば、彼らはリスペクトしてくれる。時間をかけて常連になっていけば、気後れを感じなくなる。すぐには無理で、時間がかかることなんだ」

ゲームセンター文化と社会条件

 クローフォード監督に言わせると、北米と日本でゲームセンターのあり方に違いが出たのには、ゲームの好みの問題もあるが、何よりも、人口分布と都市計画の違いが関係しているという。「日本は人口密度が高く、徒歩で移動する部分が大きい」

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital