WIRED日本でゲーセン文化が育ったワケ 映画「100円」+(1/4ページ)(2012.4.20 16:49

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

日本でゲーセン文化が育ったワケ 映画「100円」

2012.4.20 16:49 (1/4ページ)

 北米で衰退したゲームセンター文化が、日本ではなぜ進化したのだろうか。ドキュメンタリー映画『100 Yen: The Japanese Arcade Experience』の監督が、北米と日本の違いについて語った。

 北米では、ゲーマーは基本的にふたつの世代に分かれている。アーケード・ゲーム・カルチャーが華やかだった1970~80年代に育った世代と、それより後に生まれた世代だ。

 後者にとってアーケード・ゲームの体験といえば、Dave & Buster'sのような中古ゲーム機がたくさん置かれたレストランだったり、あるいは、地元の映画館やボウリング場にある見捨てられたゲーム機だったりする。

 しかし日本では、こうした世代の分裂は存在しない。日本ではアーケード・ゲームが成長を続け、進化を続けたのだ。フロアが複数ある巨大なゲームセンターには、ハードコアなゲーマーだけではなく、家族連れやカジュアル・プレイヤーたちもやってくる。彼らは、北米ではほとんど見られないような「ほかの人たちと一緒に楽しむ社交的なゲーム体験」を求めているのだ。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital