WIRED重さ1トンの落下物に耐えられる机を開発2012.4.17 12:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

重さ1トンの落下物に耐えられる机を開発

2012.4.17 12:00

 建物が破壊されたときに落ちてくる天井の標準的な重量は約350kgとされ、通常の机は耐えきれない。そこで、重さ1tの落下物に耐えられる机が開発された。脱出ルートも確保できるという。

 断層がある地域に建つ学校では、1年に1回は生徒たちに机の下に隠れさせる避難訓練を行っていることだろう。しかし、通常の机は建物が崩壊したときの落下物に耐えられるようにはできていない。

 そこで、大地震などさまざまな状況で建造物が崩壊するときに、シェルターとなって生徒たちを保護できる机が登場した。特許出願中の技術を利用しており、構造と素材の組み合わせで衝撃エネルギーを分散させ、机の下にスペースを確保する。机の配置や建造物の破片の落下状況に応じて、脱出ルートも確保できるという。

 設計したのは、イスラエルの首都エルサレムにあるベツァルエル美術デザイン学院出身のデザイナー、アーサー・ブラターとイドー・ブルーノだ。ブルーノ氏によれば、約2年半にわたって研究開発を続けてきたという。

 この机の性能を感覚的につかめるよう書いておくと、落ちてくる天井の標準的な重量は約350kgだ。この耐震机はそれをはるかに超える衝撃に耐えられる。垂直方向の衝撃試験では1tの重さまで耐えることができた。

 この机の価格は、標準的な学校用机と比べると約2.5倍になる予定だが、耐用年数も約2倍になる見込みだ。

 この耐震机は、4月17~22日にミラノで開催される『2012年デザイン・ボナンザ・ベツァルエル展』に出展される予定だ。また、ロンドン・デザイン・ミュージアムの2012年度デザイン賞にノミネートされている。

 今のところ、学校用家具メーカーA.D. Meraz Industries社が、イスラエルでの販売に向けてライセンス供与を受けている。ブルーノ氏によるとチームは現在、世界的な生産・販売に向けて交渉を進めているという。

 [以下は伊パドヴァ大学での実験]

TEXT BY ALEXANDRA CHANG
TRANSLATION BY ガリレオ -矢倉美登里

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital