WIRED今すぐに買える「装着型ディスプレー」 アイウェア6選+(3/4ページ)(2012.4.16 11:44

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

今すぐに買える「装着型ディスプレー」 アイウェア6選

2012.4.16 11:44 (3/4ページ)

Vuzix社のARアイウェア

 Vuzix社が2009年に発売したARアイウェアは『iWear VR920』という。このアイウェアでは、2枚のLCDディスプレイが約2.7m前方に62インチ・スクリーンを再現する。これらのLCDディスプレイにアドオン・カメラから現実世界の映像がリアルタイム送信され、ソフトウェア『LinceoVR』によって出力されたAR要素がオーバーレイ表示される。

 Vuzix社が現在販売しているARアイウェア『Star 1200』は、同社のARヘッドセット・シリーズで3世代目となる製品だ。価格は5,000ドルで、ARを実現することがいかに難しいかを物語っている。

 2Dと3D画像を透明なレンズに表示できる。2種類のカメラ(軽量コンパクトとHD)が周囲を撮影する。WindowsマシンかiPhoneに接続することが必要であり、Glassが約束するような自立型ではないが、こちらは実際に販売されている点が素晴らしい。

Recon社のHUDアイウェア

 Recon Instruments社は2010年からヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)市場に参入している。同社初の製品『Transcend』はZeal Optics社と協同で開発されたもので、スキーヤーやスノーボーダーを対象としたHUD搭載ゴーグルだった。TranscendはスキーヤーのGPS位置を利用し、ゴーグルの視界右下にある小さなスクリーンに、標高、速度、時刻をリアルタイムで表示する。

 Recon社が現在販売している『MOD』(300ドル)と『MOD Live』(400ドル)は、Transcendに、ジャンプの分析、仲間の位置追跡、音楽再生、ナビゲーション、スマートフォン接続などの機能を追加した製品だ。

ソニー『HMZ T1』

 ソニーは、市場で最も現実感のある3D映画とヴィデオゲーム経験を作り出すことに照準を定めており、『Sony HMZ T1』に対する熱烈な称賛によれば、それは成功しているようだ。

 HMZ T1は、街に出るタイプのアイウェアではなく、部屋の中でお気に入りの椅子に座って、集中して3D映画を楽しむためのアイウェアだ。720pのデュアルOLEDディスプレイを搭載しており、約20m前方に設置された750インチ・スクリーンを再現する。パーソナル・シアター経験を実現するために、5.1サラウンド・サウンド・オーディオが採用されている。3Dで『ライオンキング』を見るのに800ドルは高価だが。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital