WIREDインドネシア沖地震は史上最大規模の「横ずれ型」+(1/2ページ)(2012.4.14 23:13

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

インドネシア沖地震は史上最大規模の「横ずれ型」

2012.4.14 23:13 (1/2ページ)津波

 インドネシア沖で4月11日に発生した巨大地震は、史上最大規模の「横ずれ型」地震だったことがわかった。大きな津波が発生しなかった理由でもある。

 インドネシア沖で現地時間4月11日夕方に発生したふたつの巨大地震は、2004年に当地を襲ったマグニチュード9.1の悲惨な地震を思い起こさせるもので、大きなパニックを引き起こしたが、被害は最小限にとどまった。

 今回の地震は非常に珍しいタイプで、ふたつの断層面が互いに水平方向にずれる横ずれ型の地震としては記録的なものだった。巨大地震のほとんどは、一方の地層がもう一方の地層の上にずり上がる沈み込み帯の発生に伴う衝上断層の出現とともに起こる。

 横ずれ型として記録が残っている過去の巨大地震には、1906年に発生したマグニチュード約7.9のサンフランシスコ地震や、1855年にニュージーランドで発生したマグニチュード約8.2のワイララパ地震などがある。

 だが、インドネシアで11日に発生した1回目の地震は、マグニチュード8.6という巨大なもので、2004年の地震の震源から西に約320km離れた地点で発生した。その数時間後には、マグニチュード8.2の余震が本震の震源から南西に約160km離れた地点で発生している。どちらの地震も縦方向より横方向の揺れが強かったため、大きな津波は発生しなかった。

 今回の地震に関与した断層は、インド・プレートとオーストラリア・プレートの間に広がる「曖昧な」境界と関係がある。

関連トピックス

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital