WIREDスーパーマリオは大震災をどう乗り越えたか+(1/4ページ)(2012.4.12 12:23

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

スーパーマリオは大震災をどう乗り越えたか

2012.4.12 12:23 (1/4ページ)

 世界での販売累計が500万本を超えた『スーパーマリオ 3Dランド』の開発チームは、東日本大震災をどう体験したか。任天堂の林田宏一ディレクターが語った。

 「もう駄目だ」。建物が大きく揺れ始め、きしむ音が耳をつんざいたとき、林田宏一はこう思った。

 任天堂東京制作部のゲーム・ディレクターである林田氏は、そのときプレゼンの最中で、『スーパーマリオ』の設計理念を、社外のゲーム開発者グループに説明していた。

 『スーパーマリオ 3Dランド』は、きついスケジュールで開発が進められていた。携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』の売り上げ増加のために、極めて重要なホリデーシーズンに合わせて発売するよう命じられていたのだ。この目標を達成するため、同社は社外のチームに協力を求めた。そのひとつが、任天堂の子会社であるブラウニー・ブラウン(本社:東京武蔵野市)だ。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital