WIRED米軍が支援する「ハチドリ・ロボット」2012.4.2 15:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

米軍が支援する「ハチドリ・ロボット」

2012.4.2 15:00

 高速の羽ばたきで移動し、空中停止も可能な重量約540gの『Nano Hummingbird』など、米軍が開発を支援する超小型無人機を紹介。

 2013年度の米陸軍の技術開発予算は総額200万ドルだが、陸軍はその一部を新しい無人機移動戦略の調査に充てる計画を立てている。軍事関連のニュースレター『Inside Defense』の記事によると、陸軍が特に関心を抱いているのは、予測がつかない不安定な環境での無人機の飛行を向上させる「羽ばたき」技術だという。

 AeroVironment社はすでに、[米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)の支援を受けて(日本語版記事)、]羽ばたき技術の利点を実証する有翼無人機『Nano Hummingbird』を開発している。Nano Hummingbirdは翼のみを使って推進力を得る。前方や後方への飛行、(突風の中でも可能な)空中停止、出入り口や通路の高速での通り抜けが可能だ。重量は約540gと小型で、操縦者にリアルタイムのビデオフィードも送信する。

 ただし、Nano Hummingbirdの飛行時間は8分間だけだ。この種のロボット開発では、バッテリーの問題が大きな制限要素になっている。羽ばたき行動はエネルギー消費が大きいからだ。

 無人機の空中での停止・発進能力について、DARPAはクラウドソーシングによる取り組みを進めている。昨年DARPAは、特定の場所まで飛行して空中で停止し、最長3時間の偵察任務を行える無人機の開発を民間に要請した。

 国防総省は、昆虫の小さな体毛にヒントを得て、風を検知して反応できるようにして、極小無人機の飛行能力を向上させるというプロジェクトも進めている。無人機がフクロウのように音を立てずに飛行できるようにする「アメリカワシミミズク・プログラム(Great Horned Owl Program)」も忘れてはならないプロジェクトだ。

TEXT BY KATIE DRUMMOND
TRANSLATION BY ガリレオ -矢倉美登里

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital