WIRED予想外の人気 サムスンの「タブレット電話」2012.3.30 13:40

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

予想外の人気 サムスンの「タブレット電話」

2012.3.30 13:40

 Samsung社の『GALAXY Note』は、当初は大きすぎて一般消費者には受け入れられないとの予想が多かったが、順調に出荷台数を増やし、現在500万台を超えている。

 当初の否定的な予想に反して、韓国Samsung社の『GALAXY Note』が人気を集めつつあるようだ。

 当初、GALAXY Noteの5.3インチというサイズはスマートフォンとしては巨大すぎて、一般消費者には受け入れられないだろうと多くの批評家は予想していた(日本語版記事)。だがSamsung社は3月28日(現地時間)、電話とタブレットの両面を併せ持つこのデバイスの出荷台数が500万台を超えたと報告した。3月5日時点での出荷台数は200万台だった

 もっとも、米Apple社が『iPhone 4S』を販売開始直後の週末だけで400万台販売したことや、[2011年10-12月の]3カ月間で『iPhone』を3,700万台販売(日本語版記事)したこととは比べものにならない。しかし、これまでのよく似た大型のデバイス、例えば米Dell社が2010年に電話ではなくタブレット機として市場に投入した『Streak』(日本語版記事)は、まったくメジャーにはなれなかった。

 4.5インチの『Galaxy S II』や、4~4.7インチのスマートフォンがあったおかげで、GALAXY Noteが受け入れられる土壌は整っていたと言える。さらにスマートフォンを動画視聴や写真撮影、写真編集などに使う人が増えているため、大画面のほうを好む人も出てきている。

 GALAXY Noteがニッチ市場向けのデバイスであることは確かだが、大型の『Super AMOLED』ディスプレイや、4G接続機能、感圧式のスタイラス『S pen』は、消費者の琴線に触れているようだ。

TEXT BY CHRISTINA BONNINGTON
TRANSLATION BY ガリレオ -藤原聡美

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital