WIRED最高速度27km、リモコンなしの電動スケートボード+(1/2ページ)(2012.3.28 14:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

最高速度27km、リモコンなしの電動スケートボード

2012.3.28 14:00 (1/2ページ)

 最高速度は27km。ワイヤレスリモコンはなく、体重移動だけで速度を操作する『ZBoard』を動画で紹介。

 筆者は十代のころ、よくスケートボードに乗っていた。自分にとってそれは、交通手段というよりむしろ、道路を身体でじかに体験する手段だった。

 大人になったいま、乗り物への関心事はクールなトリックを決めることでなく、目的地に早く到着することになった。年齢とともにケガへの不安ももつようになって、ここ何年もボードには乗っていない。坂の多いサンフランシスコでボードに乗るのは大変だし危険だということもある。

 そんな筆者に、電動スケートボード『ZBoard』は魅力的だ。搭載された電動モーターによって、登り坂に遭遇したときでさえスケートボードは進み続ける。市場に出回っているほかの電動スケートボードと違って、ワイヤレスリモコンなど、手で操作するものは何も付いていない。ZBoardの操作に必要なのは脚だけで、筆者のスケートボーダー魂に訴えかけるものがある。

 ボード上にあるふたつのパッドでモーターを制御する。前のパッドのほうに体を傾けると前進し、後ろのパッドのほうに傾けるとブレーキになる。パッドはどちらも感圧式なので、体重のかけ方によって加速や減速ができるようになっている。

 ZBoardのシンプルな操作法を簡単に習ってから、筆者はWIRED編集室の中で一滑りしてみたが、なんの問題もなかった。数分もすると屋外へ出て、地面を蹴って勢いを付ける必要なく、停まっている車をよけながら、駐車場内を行ったり来たりできた。

 サーフィン用のロングボードをヒントにしたデザインと凹凸が深い車輪のおかげで乗り心地はスムーズだし、歩道に落ちている小石に引っかかってボードから落ちてしまうこともない。障害物などモノともしないこの車輪があれば、道路からの挑戦を受けて立つことができるような気分になる。コンクリートの割れ目、うねったアスファルト、時には芝生の上を横切っての近道さえ、モンスター級のタイヤを持つこのスケートボードなら、難なくクリアできそうだ。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital