WIRED足がすくむ?成層圏からのスカイダイビング+(1/3ページ)(2012.3.26 14:02

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

足がすくむ?成層圏からのスカイダイビング

2012.3.26 14:02 (1/3ページ)

 スカイダイビングのスーパースターが、上空22kmからのダイビングを行った。今夏に計画されている37kmからのダイビングのためのテストだ。豊富な写真とともに紹介。

 スカイダイビングのスーパースター、フェリックス・バウムガートナーは3月15日朝、上空71,580フィート(21.8km)という目がくらむような高さに到達。地球の丸い地平線をしばし堪能し、そして飛び降りた。

 42歳の「おそれを知らぬフェリックス」は、3分43秒続いたという自由落下で時速586kmに到達した。秒速で162mを超えている。そしてパラシュートのひもを引き、午前9時50分、ニューメキシコ州ロズウェルからおよそ50kmの地点に無事に着陸した。

 プロジェクト『Red Bull Stratos』の関係者によると、バウムガートナー氏が地上に到達するまでの時間は8分8秒だったという。[Stratosという名称は、成層圏(stratosphere)から取っている。なお、上空約11kmまでは「対流圏」と呼ばれる]

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital