WIRED出会い系サイトを見る視線 男女差の研究+(2/2ページ)(2012.2.16 15:23

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

出会い系サイトを見る視線 男女差の研究

2012.2.16 15:23 (2/2ページ)ネット社会

 その結果、デート相手候補を調べる際、男性はユーザー・プロフィールの写真を見るのに費やす時間が女性よりも65%長いことが明らかになった。その一方で、女性は相手の経歴や趣味といった情報を読むのに費やす時間が男性よりも50%長かった。自分に合う相手かどうかを確認するために各プロフィールの閲覧に費やす時間は、女性が平均84秒、男性が平均58秒だった。

 また、経歴や個人情報が最初に書かれているプロフィールのほうがパーソナルと見なされ、特徴を列挙したプロフィールは「ビジネス的」と見なされる傾向も確認された。

 なお、出会いサイトで人気がある表情は「アヒル顔」だという記事もある。公開する顔写真には気を配ろう。

TEXT BY Beth Carter
TRANSLATION BY ガリレオ -矢倉美登里

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital