WIRED月面を3Dで見る:NASA衛星データをマップ化2012.2.15 16:47

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

月面を3Dで見る:NASA衛星データをマップ化

2012.2.15 16:47

 新しい月の3Dマップのおかげで、これまでは『アポロ』で月に行った宇宙飛行士たちしか見たことのなかったような光景が体験できるようになった。

 新しい月の3Dマップのおかげで、これまでは『アポロ』で月に行った宇宙飛行士たちしか見たことのなかったような光景が体験できるようになった。

 「米航空宇宙局(NASA)は昨年末に素晴らしい高度データを発表したのだが、それをリアルな3Dマップで表現した者はこれまでいなかった。だから自分でやってみようと思った」と、マップを制作したジェフリー・アンブロジアクは説明する。

 冒頭に掲載したのは、今回制作されたマップの一部だ。3D用の眼鏡を持っていない人は、CDケースとマーカーで作ることができる

 このマップは、ほぼどんな角度と距離から見ても立体的に見える。これは普通の3D方式では不可能なことだ。普通の3D方式では、横から見たり、画像に近づいたり離れたりすると、頭の中に構成される3Dの錯覚が歪められたり破壊されたりするのだ。

 こうした制限に不満を持っていたアンブロジアク氏は、父親のラッセル・アンブロジアク氏とともに、3Dマップの視野を広げるアルゴリズムを開発。開発した地図投影法『Ambroziak Infinite Perspective Projection(AIPP)』の特許を1999年に申請した。

 AIPP技法では、あらかじめ決められた視点との相対的な位置に基づいて、各画素の輝度を変更すると同時に、画素を拡大または圧縮する仕組みになっている。この技法には米軍も関心を抱いている。こうした地図を利用して、本物そっくりの地形でパイロットの訓練を行うなどが考えられる。

 「AIPP技法を開発した20年前には、3D化できるデータがほとんどなかった。現在は、自由に使えるデータが大量にある」とアンブロジアク氏は語る。NASAが最近公開した月周回衛星『Lunar Reconnaissance Orbiter』のカメラからのデータを使った月マップは、南極大陸と火星の3Dマップとともに、現在マンハッタンにあるアンダーライン・ギャラリーで展示されている。

 今回制作された月マップでは、月の表面の約8%を収録している。アンブロジアク氏はこのほど、月の標高データの残り92%を3Dマップ化するための資金を募る『Kickstarter』プロジェクトも立ち上げた。

 冒頭に掲げたAIPP画像は解像度が1,000x666ピクセルだが、解像度は5,398x7,000ピクセルまで上げられる。視点は、中央真下にある3個のクレーターが重なった『ハインシウス(Heinsius)』の底部から見て、上空約3.2kmに設定されている。標高は、左上のクレーター『カプアヌス(Capuanus)』の縁から突き出た岩畳が約1.2kmで最も高い。

TEXT BY Dave Mosher
TRANSLATION BY ガリレオ -矢倉美登里/合原弘子

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital