WIREDビールでも充電できる携帯用燃料電池+(1/2ページ)(2012.1.17 13:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

ビールでも充電できる携帯用燃料電池

2012.1.17 13:00 (1/2ページ)

 『PowerTrekk』は、コンセントにつないだときと同様の速さでUSB機器を充電できる、携帯型の燃料電池だ。ビールでも充電ができる。

 この週末に筆者が滞在したホテルでは、バスルーム以外には電源ソケットが見えなかった。たくさん所持しているガジェットを充電すべく、重い家具を動かしてソケットを出しながら、筆者は「今は1950年代か?」と怒っていた。そして、神経をなだめるために若干のウィスキーが必要だった。

 現代では、「自然に帰る」ために行われるはずの森のハイキングでも、携帯電話やらGPSやら懐中電灯やらが必要だ。自転車のツアーでも、iPadやノートパソコン、あるいはスピーカーすら必要な場合がある。そして、大自然にはまったく電源はない(筆者が難儀したホテルの部屋よりも状況は悪い)。

 そこでわれわれが必要とするのが『PowerTrekk』。コンセントにつないだときと同様の速さでUSB機器を充電できる、携帯型の燃料電池だ。

 ひとまわり大きいコンタクトレンズ・ケースのように見える容器の中は、ふたつの円形部分に仕切られている。ひとつには燃料カートリッジ『Powerpukk』を、もうひとつには水を入れる。この水から水素を取り出し、電気に変える仕組みだ。Powerpukkひとつでスマートフォン1台をフル充電できる。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital