WIREDiPhoneカメラ用 リモコンと「物理シャッター」発売2011.11.17 14:00

  • [PR]

WIRED

  • メッセ
  • 印刷

iPhoneカメラ用 リモコンと「物理シャッター」発売

2011.11.17 14:00 携帯電話・スマートフォン

 『iPhone』でカメラを多用する人向けに、物理的なシャッターを追加する『Grip』と、離れた場所から操作できるようにする『Remote』が、米Belkin社から発売された。

 『iPhone』でカメラを多用する人向けに、米Belkin社がふたつのアクセサリーを発売した。『LiveAction Camera Grip』と『LiveAction Camera Remote』だ。

 Gripは、iPhoneのシャッターを物理的に切ることができるようにする。30ピンのドック・コネクターに差し込み、Belkin社の無料アプリ『LiveAction』とともに動作する。ボタンは2つあり、1つは静止画用で、もう1つは動画用だ。価格は50ドル。

 数カ月前ならいいアイデアだと思えただろうが、『iOS 5』が出たいまとなっては、音量を上げるボタンでシャッターを切れるようになっているので、意義が薄れたかもしれない。アプリと一緒でなければ動作しないので、なおさらそう思える。

 [9m以内の距離からカメラをリモコンで操作できるアクセサリー]Remoteは便利だ。2つのパーツで構成されていて、使わないときには繋げておける。1つはクリップのようなスタンドで、iPhoneを立たせておくもの。もう1つはBluetoothユニットで、ボタンが2つ付いている(繰り返しになるが、それぞれが静止画撮影用と動画録画用だ)。価格は同じく50ドル。これも機能させるにはLiveActionアプリが必要だが、こちらはその価値があるだろう。

 どちらも『iPhone 4』『iPhone 4S』『iPod touch』に対応。ケースに入った状態でも、ケースから出しても使える。

TEXT BY Charlie Sorrel
TRANSLATION BY ガリレオ

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital