萌える日本史講座トピックス

  • [PR]

ライフ

「奈良」から継承される「アンコール遺跡群」修復 「石の文化」保つ技術の高さ

【小畑三秋の歴史よもやま(9)】
「奈良」から継承される「アンコール遺跡群」修復 「石の文化」保つ技術の高さ

4.13 18:00 [萌える日本史講座]

 アンコールワットで有名なカンボジアの世界遺産、アンコール遺跡群。数十年に及ぶ内戦の爪痕が残る石造寺院などを修復する国際的プロジェクトが、20年を超えて続けられている。フランス、ドイツなどとともに、同遺跡群に含まれる西トップ寺院の調査を10年以上手がけるのが、奈良文化財研究所(奈良市)。平成24年3月から本格的に修復に着手し、カンボジア人の石工職人などを養成しながら文化復興に取り組んでいる。[記事詳細]

関連情報

関連サイト

このトピックスの写真

【小畑三秋の歴史よもやま(9)】「奈良」から継承される「アンコール遺…
【萌える日本史講座】解剖進む“卑弥呼の墓”、レーザー計測で「巨大な段…
【小畑三秋の歴史よもやま(8)】古代日本人は懸命に模倣した…未知のル…
【小畑三秋の歴史よもやま(7)】歪んだ「古代への情熱」…「歴史」とい…
【萌える日本史講座】古代のナンパ、「天照」の故郷、卑弥呼の墓、日本最…
【小畑三秋の歴史よもやま(6)】「出雲」は消されたのか、「王国」は実…
【小畑三秋の歴史よもやま(5)】「焼津」「木更津」「三重」各地に今も…
【小畑三秋の歴史よもやま(4)】「卑弥呼の墓」初の立ち入り調査で浮上…
【小畑三秋の歴史よもやま(3)】考古学では裏付けられぬ「神武東遷」……
「卑弥呼の鏡」は魔鏡…太陽光を反射し「文様」浮かぶ、呪術具で使用か …
【小畑三秋の歴史よもやま(2)】古代ギリシャ・ローマに通じる「古事記…
【小畑三秋の歴史よもやま(1)】ヤマト王権「北進」の軍事拠点か、平和…

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital