萌える日本史講座トピックス

  • [PR]

ライフ

重なる偶然が掘り起こした新資料…光秀を決起させた心情をどう読むか

【本能寺の変】
重なる偶然が掘り起こした新資料…光秀を決起させた心情をどう読むか

6.25 15:18 [萌える日本史講座]

 岡山市北区の林原美術館が所蔵する古文書から「本能寺の変」にかかわった戦国武将たちの書状が新たに確認された。明智光秀が決起する遠因として、土佐の長宗我部元親をターゲットとする四国攻めを回避する意図があったことを証明する歴史的新発見だった。文書を掘り起こした同館の浅利尚民・学芸課長に発見の経緯などを聞いた。[記事詳細]

関連情報

関連サイト

このトピックスの写真

【本能寺の変】重なる偶然が掘り起こした新資料…光秀を決起させた心情を…
【本能寺の変】「やっぱり出たか」 一級史料に驚きの調査員や作家ら
【本能寺の変】謎に迫る新史料 光秀、四国攻め回避で決起か 林原美術館…
【萌える日本史講座】信長、秀吉も畏怖「戦う城」から「見せる城」へ…信…
【小畑三秋の歴史よもやま(9)】「奈良」から継承される「アンコール遺…
【萌える日本史講座】解剖進む“卑弥呼の墓”、レーザー計測で「巨大な段…
【小畑三秋の歴史よもやま(8)】古代日本人は懸命に模倣した…未知のル…
【小畑三秋の歴史よもやま(7)】歪んだ「古代への情熱」…「歴史」とい…
【萌える日本史講座】古代のナンパ、「天照」の故郷、卑弥呼の墓、日本最…
【小畑三秋の歴史よもやま(6)】「出雲」は消されたのか、「王国」は実…
【小畑三秋の歴史よもやま(5)】「焼津」「木更津」「三重」各地に今も…
【小畑三秋の歴史よもやま(4)】「卑弥呼の墓」初の立ち入り調査で浮上…

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital