ライフ【岡田敏一のエンタメよもやま話】Gハリスンの遺産「300億円」なのに「内助の姉」は一文無しの不条理…業界のタブー?質素すぎる生活も姉は泣き言を言わず+(2/6ページ)(2013.12.15 12:00

  • [PR]

ライフ

【岡田敏一のエンタメよもやま話】
Gハリスンの遺産「300億円」なのに「内助の姉」は一文無しの不条理…業界のタブー?質素すぎる生活も姉は泣き言を言わず

2013.12.15 12:00 (2/6ページ)岡田敏一のエンタメよもやま話
ジョージ・ハリスンさんの未亡人、オリビアさんと一人息子のダーニさんが住むロンドン郊外ヘンリーオンテムズに建つヴィクトリア調のお城のような大邸宅「フライアー・パーク」。部屋数は120室で、現在の資産価値は最低でも約4000万ドル(約40億円)という

ジョージ・ハリスンさんの未亡人、オリビアさんと一人息子のダーニさんが住むロンドン郊外ヘンリーオンテムズに建つヴィクトリア調のお城のような大邸宅「フライアー・パーク」。部屋数は120室で、現在の資産価値は最低でも約4000万ドル(約40億円)という

 ジョージさんがビートルズ時代、インドの音楽や精神世界に傾注し、名シタール奏者ラヴィ・シャンカール(あのノラ・ジョーンズのお父さんですよ)を師と仰いだのは、この胎教の影響でしょうか…。

 そして1950年代中頃、通学中のバスの中でポール・マッカートニーと出会い、ジョン・レノンのバンド、クオリーメンに参加。その後、紆余(うよ)曲折を経てビートルズが誕生。1962年10月、シングル「ラヴ・ミー・ドゥ」にデビューを果たします。

 4人のメンバー中、最年少だったジョージさんですが、ビートルズでは中期以降、ソングライターとしての才能を開花させ、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」(68年、ギター・ソロは親友エリック・クラプトンが演奏)や「サムシング」(69年)、「ヒア・カムズ・ザ・サン」(69年)といった名曲を世に送り出しました。

 70年4月にポールが脱退し、事実上、ビートルズが解散したのを機に、ソロ活動を活発化。LPで3枚組という大作「オール・シングス・マスト・パス」(70年)は英米双方のアルバムチャートで7週連続1位となる爆発ヒットを記録。シングル「マイ・スウィート・ロード」(70年)も米英両チャートで連続1位となり、“元ビートルズ”という冠が必要ないほどの成功を収めます。

 翌年の71年8月には、シタールの師だったラヴィ・シャンカールの要請で、ロック界初の大規模チャリティー公演「バングラデシュ・コンサート」を米ニューヨークで開催。旧友エリック・クラプトンやボブ・ディラン、レオン・ラッセルなどが参加し、大成功を収めました。

部屋120室、40億円の城も残し…

このニュースの写真

2001年11月29日、肺がんにより58歳で亡くなったジョージ・ハリスンさん=ジョージ・ハリスンさんのベスト盤CD「オールタイム・ベスト」より
ルイーズさんのミズーリ州の自宅

関連ニュース

関連情報

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital