ライフ「うちの市はやらへんの?」泉佐野市の犬のふん放置対策 周辺自治体住民も注目+(1/2ページ)(2013.5.11 00:45

  • [PR]

ライフ

「うちの市はやらへんの?」泉佐野市の犬のふん放置対策 周辺自治体住民も注目

2013.5.11 00:45 (1/2ページ)いきもの万歳

 大阪府泉佐野市が、犬のふん放置対策として飼い主への犬税導入を検討するなどの取り組みを進めていることについて、周辺自治体に住民から同様の制度を求める声が寄せられるなど、反響が広がっている。泉佐野市はふん放置箇所に「イエローカード」を置く取り組みを始めており、7月にもふん放置の飼い主から過料千円の徴収を始める方針だ。

 「泉佐野市が検討しているような犬税を考えていないのか」。阪南市役所に最近、市民からこんな電話がかかってきた。

 同市は、市民から希望があれば、ふんの始末を求める看板を配ったり、広報誌に掲載したりしているが、それ以上の対策には否定的で、生活環境課の担当者は「犬は個々人が飼っているもの。泉佐野市ようなことはしない」という。

 「玄関の前のふんを掃除しても、また次の日に同じ場所にふんがあった」。阪南市にあったこんな苦情はどこの自治体にも寄せられており、それぞれ飼い主への啓発に取り組んでいる。熊取町や泉南市は、ふんの始末を求める看板の無料配布を行っている。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital