できごと【自衛艦おおすみ衝突事故】あっという間に浸水、転覆「まさかぶつかるとは」…救助の釣り船男性、緊迫状況振り返る 2014.1.15 21:55

  • [PR]

できごと

【自衛艦おおすみ衝突事故】
あっという間に浸水、転覆「まさかぶつかるとは」…救助の釣り船男性、緊迫状況振り返る 

2014.1.15 21:55 海難事故・水難事故
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突し、転覆した釣り船を調べる海上保安庁のダイバー=15日午後2時20分、広島県大竹市沖で共同通信社ヘリから

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突し、転覆した釣り船を調べる海上保安庁のダイバー=15日午後2時20分、広島県大竹市沖で共同通信社ヘリから

 「まさかぶつかるとは」。自衛艦衝突事故で、転覆した釣り船に乗り救助された寺岡章二さん(67)は15日夜、家族と再会してほっとした表情を浮かべ、事故当時の緊迫した様子を振り返った。

 波もなく、寒さも感じない海だった。突然、寺岡さんが乗っていた右側部分に海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が衝突、釣り船の右がせり上がった状態に。あっという間に左側から浸水し、転覆したという。寺岡さんは必死で、転覆した船体につかまった。

 手を振って助けを求めていると、近くに浮袋が投げ込まれ「大丈夫か」と声を掛けられ、間もなく自衛艦に救助された。「海に投げ出され、寒かった」と振り返り、「早く回復してほしい」と病院で手当てを受けている2人を思いやった。

このニュースの写真

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突し、転覆した釣り船を調べる海上保安庁のダイバー=15日午後0時25分、広島県大竹市沖で共同通信社ヘリから
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(奥)と衝突し転覆した釣り船=15日午前10時、広島県大竹市
釣り船と衝突した海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」の左舷後部を調べる海上保安庁の職員ら=15日午後0時8分、広島県大竹市沖で共同通信社ヘリから
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突し転覆した釣り船=15日午後1時7分、広島県大竹市沖(第6管区海上保安本部提供)

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital