できごと【西論】生活保護費でパチンコ…論外。条例より弱者にNOを 編集委員・安本寿久+(1/4ページ)(2013.4.16 15:15

  • [PR]

できごと

【西論】
生活保護費でパチンコ…論外。条例より弱者にNOを 編集委員・安本寿久

2013.4.16 15:15 (1/4ページ)生活保護
増える一方の生活保護費。大阪市では、平成24年度で2970億円にも達した

増える一方の生活保護費。大阪市では、平成24年度で2970億円にも達した

「ささやかな楽しみ」…は税金泥棒だ! 甘やかした新聞・テレビ

 阪神競馬場の室内メーンスタンドの中央部、掲示板前の「一等席」はシニア席になっている。65歳以上の人たちだけの席である。

 ゴール直前のスリルを味わうなら、ここが一番なので、私は空いている限り、この近くに席を取る。自然、高齢者たちの会話が耳に入ってくる。

 「今日も1万(円)負けた。武(豊)も神通力がなくなったな」

 「今日はあかんわ。明日や明日や」

 これは男同士の会話。なかなか粋な老カップルもおり、こんな話をしている。

 「競馬はええなあ。1万あったら1日遊べるわ」

 「そうやな。パチンコだとすぐに、のうなるしな」

 高齢者たちの1日の軍資金は1万円というのが相場のようだし、土日はいずれも競馬場通い、それ以外はパチンコへというギャンブル好きも少なくないようだ。もちろん個人差はあるだろうが、日本の高齢者はおしなべて、恵まれていると思う情景である。

 年金でギャンブルか、などとやぼなことは言うまい。年金は現役時代に納めた保険料の対価でもある。経済的に余裕がある高齢者ほど、現役時代に懸命に働いた人でもあるのだ。余生を、自分の懐の範囲内で楽しんだところで罰は当たるまい。

 が、これが生活保護費だとどうだろうか。その原資は税金である。生活保護受給者は完全な被保護者である。使い道に制約があっても当然だし、ギャンブルなどに使われてはたまったものではない。それが納税者=保護者のごく当たり前の感情である。

(次ページ)全国3.5兆円、不正受給173億円…条例に賛成6割、当然の納税者意識

関連トピックス

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital