できごと【株主総会ライブ】関西電力(7)株主「原発ゼロ考えられぬ」、関電副社長「安住することなく安全向上」+(1/3ページ)(2012.6.27 13:13

  • [PR]

できごと

【株主総会ライブ】
関西電力(7)株主「原発ゼロ考えられぬ」、関電副社長「安住することなく安全向上」

2012.6.27 13:13 (1/3ページ)株主総会ライブ

 《大阪市の橋下徹市長への答弁が終わった後、聞き取れないほど騒がしいやじが飛ぶ。そんな中で、株主と経営陣の質疑応答が続いた》

 男性株主「原発については、客観的な情報を広く知らせるのが重要だ。ベトナム、トルコは日本の原発技術を高く評価しているが、国内では原発に対するヒステリーが蔓延(まんえん)している。22世紀には化石燃料が使えなくなる。そういう中で、原発ゼロというのは考えられない」

 岩根茂樹副社長「資源の乏しいわが国では、電源のベスト構成が重要。すべての電源に長所があり、課題もあります。長所を生かして検討するのが重要です。化石燃料は価格が高く、CO2(二酸化炭素)の排出量が多い。再生エネルギーもコストがかかる。原子力は安全性向上が必要。それぞれの強み生かし、ベストミックスで考える必要があります」

 《この後、京都市の門川大作市長が発言。3つの提言を行った》

関連トピックス

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital