大相撲 - スポーツ

  • [PR]

スポーツ

【舞の海の相撲“俵”論】
男気と大和魂

8.21 14:01 [大相撲]

 大学の先輩でプロ入り後も同門だった元小結両国が、境川部屋の前身に当たる中立部屋を起こしたのが平成10年春。現役時代の師匠だった元横綱佐田の山に出羽海部屋からの分家独立を拒否された場合、相撲界を去ってふるさと長崎に帰る覚悟を決めていた。[記事詳細]

大相撲の写真

【大相撲】被災地にかけ声響く 復興祈願し、3横綱が土俵入り
【大相撲】新大関・豪栄道、左膝負傷で夏巡業全休
【大相撲】熱血漢の境川親方、大関の師匠に
【大相撲】豪栄道 「大和魂」貫く
【大相撲】豪栄道、発奮材料はおかみさんの手紙 「胸が熱くなった」
【大相撲】豪栄道が大関に昇進「大和魂貫く」 日本人3大関に
【大相撲】「大関は通過点、横綱を目指せ」 豪栄道に北の湖理事長
【大相撲】豪栄道、“国産V”に期待 41場所目昇進は史上6番目の遅さ
【つはもの翔ぶ 豪栄道大関へ(下)】異例の昇進 必勝の型構築で進化の…
【つはもの翔ぶ 豪栄道大関へ(上)】黙って土俵 貫いた美学
【大相撲】白鵬の30度目V 横審「見事だ」
【大相撲名古屋場所】千秋楽の一番「相撲人生で一番大きかった」 大関昇…

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital