スポーツ【Jリーグ】リーグの救世主となるか “超大物”フォルランがセレッソにやってくる+(1/3ページ)(2014.1.31 10:10

  • [PR]

スポーツ

  • メッセ
  • 印刷

【Jリーグ】
リーグの救世主となるか “超大物”フォルランがセレッソにやってくる

2014.1.31 10:10 (1/3ページ)Jリーグ
昨年8月のキリンチャレンジ杯日本-ウルグアイ戦で先制ゴールを決めたウルグアイのフォルラン(右)と、座り込みぼうぜんとする日本のGK川島永嗣=宮城スタジアム

昨年8月のキリンチャレンジ杯日本-ウルグアイ戦で先制ゴールを決めたウルグアイのフォルラン(右)と、座り込みぼうぜんとする日本のGK川島永嗣=宮城スタジアム

 サッカーのウルグアイ代表FWで、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の最優秀選手と得点王に輝いたディエゴ・フォルラン(34)がセレッソ大阪に加入する。近年なかった超大物の来日で、Jリーグは再び盛り上がるのか。

入場者数伸びず

 大型移籍を実現させたのはC大阪の岡野雅夫社長だ。

 「1993年のJリーグの開幕当初、元アルゼンチン代表のラモン・ディアス(横浜M、初代得点王)に誰もが心ときめいた。長居スタジアムに4万人集めるにはどうすればいいのか。お客さんをいっぱい入れてJリーグを盛り上げたかった」

 ジーコ、リネカー、ストイコビッチ…。Jリーグ草創期には世界に名だたるスター選手が数多くいた。だが、近年はビッグネームの不在が続く。J1の1試合平均入場者数は、開幕2年目の94年に記録した1万9598人をなお超えられない。年間総入場者数はこの5年で10%以上減った。

 関係者によると、C大阪は昨夏、当時レアル・マドリードに在籍していた元ブラジル代表のカカ(ACミラン)に狙いをつけたという。交渉は破談に終わったが、設立20周年の節目に初タイトルを目指すクラブは諦めなかった。大幅な戦力強化とリーグ活性化を一挙に担える人材。それがフォルランだった。

 チームのエースで、日本代表の柿谷曜一朗の将来像を、岡野社長はウルグアイ代表FWルイス・スアレス(リバプール)に重ね合わせる。「パートナーはフォルランが最高やろうな」

関連ニュース

関連情報

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital