宇宙 - 科学

  • [PR]

科学

人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害 2年前に発生し1週間の差で直撃回避

人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害 2年前に発生し1週間の差で直撃回避

7.28 11:05 [宇宙]

 2年前に太陽から強力な太陽風が放出され、地球をかすめたが、もし地球を直撃していれば、「全世界が被る経済的損失は2兆ドル(約200兆円)にも及び、現代文明を18世紀に後退させる」ほど威力があるものだったことが分かり、米航空宇宙局(NASA)が発表した。NASAは報告書の表題を「ニアミス:2012年7月の巨大太陽風」とし、もし放出が1週間早かったら地球を直撃していたと指摘している。まさに人類は、暗黒時代に陥りかねない危機一髪の状況に遭遇していたのである。[記事詳細]

関連情報

宇宙の写真

人類、危機一髪「太陽風」あわや200兆円損害 2年前に発生し1週間の…
予想を超える10倍のスピードで…弱まり続けている「地球の磁場」
太陽系外惑星に名前を付けてください:国際天文学連合が公募
スマートフォンが国際宇宙ステーション・ロボットの頭脳に
土星の衛星タイタンの海は塩辛い? NASAが分析「死海並みかも」
2020年、任務を終えた探査機に送信される人類からのメッセージ
成功すればノーベル賞級の大発見 宇宙の始まりを重力波で探る「インフレ…
将来の有人探査、あの惑星「イトカワ」も候補に NASA
「空飛ぶ円盤」ハワイ沖飛行実験、延期 NASA、気象条件悪く
過酷な気温や厳しい環境に対応「火星基地」 3Dプリントでつくるデザイ…
月が形成された「巨大衝突説」を裏付ける新証拠
巨大な地球型惑星を発見 ケプラー10c「メガアース」と研究者

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital