科学ニュース

  • [PR]

科学

原因物質減少を確認 アルツハイマー治療研究

原因物質減少を確認 アルツハイマー治療研究

8.20 20:19

 脳内に蓄積することでアルツハイマー病の原因となるタンパク質「アミロイドベータ」を減少させる動物実験に、北海道大や広島大の研究チームが成功した。今後、アルツハイマー病の予防や治療法の開発につながる可能性があるという。[記事詳細]

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

編集部リコメンド

PR
PR

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital