科学桂米朝さんのアンドロイドが完成 落語も披露 2012.7.23 18:02

  • [PR]

科学

  • メッセ
  • 印刷

桂米朝さんのアンドロイドが完成 落語も披露 

2012.7.23 18:02 グーグル

 落語家で人間国宝、桂米朝さん(86)そっくりの人間型ロボット「米朝アンドロイド」が23日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで報道陣にお披露目された。存命中の人間国宝のロボットを制作するという大胆な試みで、あまりの精巧な出来映えに、同席した米朝さんも「(顔の)部分部分はよう似てる。でも、やっぱり嫌やなあ」と照れていた。

 米朝アンドロイドの制作は、同ホールを運営するブリーゼアーツなどが「上方伝統文化の落語を、米朝さんと未来型ロボットを融合させて後世に残したい」と企画。アンドロイド開発の第一人者で大阪大学の石黒浩教授(48)と、米映画「ハリー・ポッター」などの造形物制作で知られる特殊メークアーティストの遠藤慎也氏(29)=神戸市在住=が2月から取り組んだ。制作費は約8000万円。

 表面は特殊シリコンでできており、米朝さんが過去に演じた「看板の一(ぴん)」と「たけのこ裁判・小咄」の音声に合わせ、内蔵された機械を通じて唇やほおが動き、まばたきもするほか、肩や腕も動く。

 この日は「たけのこ裁判-」の一部が披露されたが、あまりの精巧さに報道陣からため息がもれた。石黒教授は「動作に若干の調整が必要だが、完成度はかなり高い」と説明。

 米朝さんの長男、桂米團治さん(53)は「当初は米朝も『そんなアホな』と言っていましたが、ロボット業界の大きな可能性を秘めた事業になると聞いています。関係の皆さんに感謝したい」と話していた。

 米朝アンドロイドは8月1日から大阪市北区のブリーゼプラザで行われる「米寿記念桂米朝展」で一般公開される。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital