地方15日、新橋で開催 いわき市の「出張いちご園」をPR 東京2014.1.14 23:02

  • [PR]

地方

  • メッセ
  • 印刷

15日、新橋で開催 いわき市の「出張いちご園」をPR 東京

2014.1.14 23:02
いわき市「出張いちご園」をPRする高塚三枝子さん(中央)と坂本俊雄さん(右)

いわき市「出張いちご園」をPRする高塚三枝子さん(中央)と坂本俊雄さん(右)

 福島県いわき市から「サンシャインガイドいわき」の高塚三枝子さん(41)、いわき市農協いちご部会長の坂本俊雄さん(59)らが14日、東京都千代田区の産経新聞東京本社を訪れ、イチゴの日の15日に港区のJR新橋駅前SL広場で開催される「出張いちご園」をPRした。

 東日本大震災の風評を払拭し、復興する姿を伝える同市役所「見せます!いわき情報局 見せる課」などが実行委員会を結成。会場の広場に2種のイチゴ「ふくはる香」「とちおとめ」の栽培風景を再現し、港区立御成門小学校の児童がイチゴ摘みをデモンストレーション。午前11時半から約1時間計1200個のイチゴを配布し、午後0時半から先着200人に郷土料理のあんこう鍋をふるまう。

 「イチゴの生産量は震災前の8~9割に戻り、生産者も立ち直りつつある。その姿をぜひ見ていただきたい」と坂本さん。高塚さんも「東北最南端のいわきは冬の日照時間も長く、甘くみずみずしいイチゴをはじめ、おいしい果物や野菜が盛りだくさん」。大根をシソで巻いた独特の漬物や総菜など、地元の食材も並ぶ。問い合わせはいわき市見せる課(電)0246・22・1246。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital