政治小松法制局長官「安倍政権の番犬」に反論2014.3.5 20:16

  • [PR]

政治

  • メッセ
  • 印刷

小松法制局長官「安倍政権の番犬」に反論

2014.3.5 20:16 安倍内閣
参院予算委員会で民主党の大野元裕氏の質問に答える小松一郎内閣法制局長官=5日午前、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

参院予算委員会で民主党の大野元裕氏の質問に答える小松一郎内閣法制局長官=5日午前、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

 小松一郎内閣法制局長官は5日の参院予算委員会の答弁で、4日の予算委で共産党の小池晃氏から「安倍晋三政権の番犬」と揶揄(やゆ)されたことについて、「このような指摘を受け入れることはできない」と反論した。

 小松氏は「(共産党は)日ごろ国民の基本的人権をことさら重視している。プライバシーや名誉を含め、国家公務員にも憲法で基本的人権が保障されている」とも述べた。

 法的見地からの見解表明が多い内閣法制局長官の答弁としては異例。5日は社民党の吉田忠智氏に対しての答弁だったが、共産党による前日の「侮辱」が容認できなかったようだ。

 小池氏は4日の予算委で、集団的自衛権の行使容認に前向きな小松氏を「憲法の番人なんだから、安倍政権の番犬みたいなことをするな」と指摘していた。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital