政治【都知事選】中松氏ら3人も出馬表明2014.1.8 23:07

  • [PR]

政治

  • メッセ
  • 印刷

【都知事選】
中松氏ら3人も出馬表明

2014.1.8 23:07

 東京都知事選には8日、新たに発明家のドクター・中松氏(85)=本名・中松義郎、元ネパール大使の吉田重信氏(77)、シンクタンク代表の山口節生氏(64)の3氏が立候補を表明した。

 それぞれ都庁で記者会見を開いた。7回目の都知事選となる中松氏は無所属で出馬。発明家として海外の大学で講義してきた実績を強調し、「五輪開催地の知事として世界への発信力を持っている人は私以外にいない」とした。

 吉田氏は経費節約型の五輪開催などを掲げ、「情熱と肝っ玉は若い人に負けない」と述べた。一昨年に続く2回目の都知事選で、無所属で立候補する。

 山口氏は自らが代表を務める政治団体から出馬し、都知事選は3回目。五輪の主会場となる新国立競技場の建設規模見直しなどを訴え、「東京都を世界一の都市にしたい」と語った。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital