政治【産経・FNN合同世論調査】ネット選挙解禁 「情報参考にせず」が過半数+(1/2ページ)(2013.5.28 00:04

  • [PR]

政治

  • メッセ
  • 印刷

【産経・FNN合同世論調査】
ネット選挙解禁 「情報参考にせず」が過半数

2013.5.28 00:04 (1/2ページ)ネット選挙 最前線

 夏の参院選からインターネットを使った選挙運動が解禁されることに関し、産経新聞社とFNNの合同世論調査で、ネットの情報を投票の参考にするかどうか尋ねたところ、「参考にする」との回答は39・3%で、「参考にしない」が56・8%と過半数に達した。年代や地域別でみると、ネット情報をどの程度重視するかの違いがくっきりと浮かび上がった。

 年代別では、参考にすると答えた人の割合は20代で最も高く、62・7%だった。30代(57・7%)、40代(50・8%)、50代(40・6%)と年代を追うごとにこの割合は減少し、60代以上では17・8%にとどまった。

 逆に、参考にしないとの回答の割合は60代以上が最も多い75・1%だった。年代が下がるに従って割合は減少し、最小は20代の34・8%となった。若者の関心や利用度が高いと言われるネットに関する年代差が、選挙運動の媒体としてネットを参考にするかどうかについても投影されることがうかがえる。

関連トピックス

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital