ライフ【PM2・5】政府、中国に汚染物質排出抑制要請へ 東日本にも大量飛来の可能性2013.2.6 10:23

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【PM2・5】
政府、中国に汚染物質排出抑制要請へ 東日本にも大量飛来の可能性

2013.2.6 10:23 公害・汚染

 政府は5日、呼吸器疾患などを引き起こす微小粒子状物質「PM2・5」が中国から日本に飛来していることを受け、中国政府に対して汚染物質の排出抑制対策強化を求める方針を固めた。政府が汚染物質の飛来に関し、中国政府に申し入れを行うのは初めて。厚生労働、環境両省は今後、健康や環境被害の実態を調査して対策を取りまとめる。

 環境省は先月以降、西日本で国の基準値である35マイクログラム(1日平均)を上回るPM2・5を相次いで観測。福岡市で52・6マイクログラム(1月31日)、大阪府枚方市では63・7マイクログラム(同月13日)を記録した。今月以降は北寄りになる中国からの偏西風の影響で、大量のPM2・5が東日本にも飛来する可能性が高まっている。

 このため、政府は国民生活への影響を考慮し、中国政府に緊急対策を求める必要性があると判断した。現在、日中韓の3カ国では越境大気汚染対策の共同研究を進めているが、効果的な対策はとられていない。政府は5月に日本で開く予定の3カ国環境相会合でも中国に対し、改めて環境対策の徹底を求める構えだ。

 石原伸晃環境相は5日の閣議後会見で、PM2・5について「健康被害が出る前に、しっかりとした対策を取っていく」とし、呼吸器疾患患者や高齢者に与える影響について調査を指示していることを明らかにした。環境省は現在、国立環境研究所でPM2・5の飛来分布と人体に対する影響を分析中で、今月下旬にも調査結果を公表する。

 【用語解説PM2・5 大気中に漂う直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質(1マイクロは100万分の1)。主な発生源は焼却炉の煤煙(ばいえん)や自動車の排出ガス。大量に吸い込めば、ぜんそくなどの健康被害を引き起こす可能性が指摘される。日本の環境基準では大気1立方メートルあたり1日平均で35マイクログラム以下。中国環境保護省は1月に発生したPM2・5を含む濃霧が国土の4分の1に広がり、6億人に影響が出たと発表した。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital