エンタメ「半沢直樹」視聴者は不完全燃焼? 「続編を」TBSにコメント数千件2013.9.24 09:17

  • [PR]

エンタメ

  • メッセ
  • 印刷

「半沢直樹」視聴者は不完全燃焼? 「続編を」TBSにコメント数千件

2013.9.24 09:17 芸能人ブログ

 俳優、堺雅人(39)が主演したTBS系ドラマ「半沢直樹」の放送終了から一夜明けた23日、同局には続編を望む声が数千件寄せられていること分かった。(サンケイスポーツ

 22日放送の最終回では、堺扮する銀行員・半沢が父の敵である大和田暁常務(香川照之=47)の不正を暴き、“100倍返し”を達成。しかし、下された辞令は証券会社への出向という衝撃のラストで幕を閉じた。

 この日、原作者の池井戸潤氏(50)は、ツイッターで「半沢の処遇、しっかり原作通りでしたね。役者さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした! おもしろかった!」とねぎらったが、視聴者は“不完全燃焼”だった様子。

 怒りに満ちた堺の目元のアップで放送が終了してから、番組の公式サイトなどには「半沢直樹2きたいしてまーす」「続編を映画にしてほしい!!」といった声が殺到。TBS関係者によると、同様のコメントは数千件にものぼるという。関係者は「続編や映画化は未定」としているが、原作には続編があるだけに期待は高まる。

 また、24日には視聴率が発表される。前回の放送では、今世紀の連ドラ歴代5位となる平均視聴率35・9%(ビデオリサーチ関東地区調べ)をマーク。最終回では放送時間が重なるとみられていた巨人戦が、デーゲームの2位・阪神が負けた瞬間に巨人の優勝が決まったためBS中継に変更されるなど、運も味方につけた。

 今世紀1位に輝く11年12月放送の日本テレビ系「家政婦のミタ」の最終回視聴率40・0%を果たして超えられるか!!

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital