エンタメ【話の肖像画】冬の女王20年(上)ロスで見つけた「私の音楽」 シンガー・ソングライター 広瀬香美+(1/4ページ)(2013.2.5 03:27

  • [PR]

エンタメ

  • メッセ
  • 印刷

【話の肖像画】
冬の女王20年(上)ロスで見つけた「私の音楽」 シンガー・ソングライター 広瀬香美

2013.2.5 03:27 (1/4ページ)邦楽

 澄み切った冬空のように突き抜ける高音、パワフルな声の広い音域。「冬の女王」の愛称で親しまれるシンガー・ソングライターの広瀬香美さんは、デビュー20周年を迎えた。現在は日本と米ロサンゼルスに拠点を持ち、両国を行き来しながら作品を発表し、そして音楽学校の校長として後進の指導にも力を入れている。(文・櫛田寿宏)

 --米国での暮らしはどんな感じですか?

 広瀬 ひどかったんですよ、20年前のロサンゼルスの食料事情は。豆腐は売っているんですが、水気がなくってパサパサ。納豆は粘り気なし。白米もおいしくない。仕方がないので、毎日メキシコ料理のブリトーを食べていました。ブリトーの皮で生野菜を巻いて食べるんです。本当にそれだけ。今はおいしい豆腐も納豆もようかんも手に入ります。この前、ロサンゼルスの友達が「いかしたカレー屋ができた」って言うんです。一緒に行ったら、日本の街角にたくさんある有名なチェーン店でした。そこに行列ができていたんですよ。

 --本場のエンターテインメントも楽しめますね

(次ページ)日本に帰国「特に何も感じませんよ」

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital