製鉄・鉄鋼 - 経済

  • [PR]

経済

戦時徴用訴訟「韓国は法治国家なのか」 政府静観、苦渋の決断

8.18 09:23 [製鉄・鉄鋼]

 韓国人の戦時徴用をめぐる訴訟で、新日鉄住金(旧日本製鉄)が敗訴判決確定の際には賠償に応じる意向であることが17日、明らかになった。「判決には全く納得していないが、一民間企業としてできることには限界がある」。同社幹部の言葉には、国家間で締結された協定が“反故(ほご)”にされる異例の事態に巻き込まれた企業の苦悩がにじむ。日韓対立の新たな火種になるのは避けられない情勢だが、政府側から積極的な対応策は示されていない。[記事詳細]

関連情報

敗訴確定時「無視できぬ」

歴史認識めぐる中国司法の判断が次々に持ち込まれる事態を招きかねない

製鉄・鉄鋼の写真

パナソニック、使用済み家電の鉄を再利用 東京製鉄が協力
新日鉄住金の名古屋製鉄所で新型コークス炉が完成
神鋼が中期経営計画 神戸製鉄所の高炉廃止を発表
新日鉄住金が君津製鉄所の高炉1基を休止へ 過剰設備の見直し
【九州から原発が消えてよいのか】第4部(3)八幡製鉄所開業で膨らむ電…
鉄鋼業界、中韓攻勢で収益圧迫 見えぬ底冷え打開…頼みは新興国需要

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital