経済【生誕25周年ドラクエ大特集】(3)「緩さが開発のポイント」堀井雄二氏2011.11.6 18:00

  • [PR]

経済

  • メッセ
  • 印刷

【生誕25周年ドラクエ大特集】
(3)「緩さが開発のポイント」堀井雄二氏

前のニュース

 --25周年を振り返ると

 「初期のころはゲームの記憶容量との戦いだった。『マップがこうで、音楽はこれくらい』という作業はパズルのようで楽しかった。(人気が定着する)IからIIIくらいまではやってやるぞという意気込みだった。むしろ人気が出たあとがプレッシャーが大きくて大変だった」

 --ゲーム機も進化した

 「特に『IX』で携帯ゲーム機向けになってからはいろいろ変わった。携帯機だからどこでも使えるし人とつながって遊べる。さまざまな要素を加えて、クリア後も遊べるようにした」

 --過去の作品のリメーク版で、書き直したシナリオもある

 「シナリオの書き換えに抵抗はなかった。前と同じではつまらないから」

 --ゲームはどう作る?

 「アイデアがまずあって、できるか検証する。できない場合は、理由を解析し、近いことができればそれでよしとしている。完璧でなくても、プレーヤーに伝わればいい。この緩さが大事。『III』で『遊び人』という職業を作ったら、開発陣の1人に猛烈に反対された。でも『おもしろいから』と押し切った。ここがドラクエらしさだと思う」

次のニュース

生誕25周年ドラクエ大特集のニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital