事件安倍自民総裁への脅迫メール、送信元のパソコン特定 警視庁2012.11.1 13:04

  • [PR]

事件

  • メッセ
  • 印刷

安倍自民総裁への脅迫メール、送信元のパソコン特定 警視庁

2012.11.1 13:04 ネット犯罪

 警察庁や国家公安委員会のホームページなどに10月、自民党の安倍晋三総裁の殺害を予告するメールが相次いで送られていた事件で、警視庁捜査1課が一部のメールを送信したパソコンを特定していたことが1日、捜査関係者への取材でわかった。同課は所有者から事情を聴き、パソコンの解析を進めている。

 一部のメールには、遠隔操作を示唆する内容が含まれていたことから、同課は4人が誤認逮捕された遠隔操作ウイルス事件との関連について慎重に調べる。

 捜査関係者によると、メールは10月初旬から17日までに42件送られていた。メールはほぼ同じ文面で、安倍総裁の殺害予告のほか、「他のパソコンを踏み台にしているので絶対にばれない」などと遠隔操作を示唆し、警察当局を挑発するような内容が含まれていた。また、「ヒントをやろう」などとして、日本語の暗号や数字が並べてあるものもあった。

 メールは国内の同じインターネット接続事業者(プロバイダー)が使用されおり、同課が通信記録を解析し、一部の送信元を特定した。

関連トピックス

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital