事件黒子のバスケ作者脅迫 致死量の硫化水素発生の可能性2012.10.31 01:26

  • [PR]

事件

  • メッセ
  • 印刷

黒子のバスケ作者脅迫 致死量の硫化水素発生の可能性

2012.10.31 01:26 脅迫・恐喝

 人気漫画「黒子のバスケ」の作者、藤巻忠俊さんあての脅迫文などが相次いで送られている事件で、今月12日に上智大(東京都千代田区)で発見された液体が、気化すれば致死量を大幅に上回る硫化水素を発生した可能性が高いことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

上智大だけでなく札幌にも

 来年1月に「黒子のバスケ」のイベントが予定されている「札幌コンベンションセンター」(札幌市)にも、イベントの中止を求める文書や液体の入った容器が届いていたことも判明。藤巻さんあての脅迫文は今月中旬以降、少なくとも10カ所以上に送られており、警視庁捜査1課は文面や手口などから、同一犯とみて威力業務妨害容疑などで捜査している。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2013 The Sankei Shimbun & Sankei Digital