事件アップルの訴え退ける サムスンに特許侵害なし スマホ特許訴訟で東京地裁2012.8.31 13:27

  • [PR]

事件

  • メッセ
  • 印刷

アップルの訴え退ける サムスンに特許侵害なし スマホ特許訴訟で東京地裁

2012.8.31 13:27 知的財産

 米アップルが、スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型多機能端末「iPad(アイパッド)」に使われている特許技術を侵害されたとして、日本サムスンとサムスン電子ジャパンに1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であった。東海林保裁判長は、サムスン側の特許侵害を認めず、アップル側の請求を棄却した。

 昨年4月以降、世界的に広がった両社の特許訴訟をめぐる司法判断は、国内で初めて。アップル側が控訴すれば、知財高裁で審理が続くことになる。

 争われたのは、アップルの携帯端末とコンピューターの間で音楽データなどを共通化(同期)する特許技術。アップル側はこの技術が、日本でサムスン側が展開する「ギャラクシー」シリーズのスマホやタブレットの計8製品で、不正に使用されているとして訴えていた。

 同シリーズは、NTTドコモやKDDI(au)が取り扱っている。

 アップル側は「特許はファイルの総時間などに着目して同期するもので、サムスンも同様の技術を取り入れている」と主張。これに対し、サムスン側は「別の方法で同期しており、特許侵害にはあたらない」としていた。

 両社は世界のスマホ市場の約半分のシェアを占め、特許をめぐる両社の訴訟は世界10カ国で50件以上起こされている。24日には、米連邦地裁の陪審団が、サムスン側に特許を侵害されたとするアップル側の主張をほぼ全面的に認める評決を出した。東京地裁では、端末の画面を操作する際の「バウンスバック(跳ね返り)」機能をめぐっても、特許を侵害されたとしてアップル側がサムスン側を訴えている。

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital